メキシコ旅行のお金とチップについて

↑旅行中に使ったお金(紙幣)の種類。

お金の種類

メキシコの通貨単位はPesoペソです。補助単位がCentavoセンタボで、1ペソ=100センタボ。

旅行中手元にあった紙幣を撮りました↑ この写真以外に1000ペソ紙幣もありますが、今まで数回しかみたことないです。ほとんど見ないのでは?使わないと思っていてよいです。もし両替でまさかのN$1000がきたらお断りして、N$500以下に替えていただくように。

↑こちら、旅行中に使った硬貨。

よく見えないですね、見えてもわかりづらい並び(-_-;)ガイドブックなどに美しい写真が出てるのでそちらで確認をお願いします。

左上から10ペソ、下5ペソ、真ん中上2ペソ、下1ペソ、右下50センタボ。この1ペソの半分である50センタボですが、今回こちらの丸くて小さいシルバーの硬貨を今回よくみました。写真にはないのですが、従来のもう少し大きめで形の違うゴールドの50センタボももちろんあり。

この写真以外に、20ペソ硬貨(以前、もう流通してないからと拒否されたことあり。それから手元にきたことない)そのほか20、10、5センタボ硬貨もあります。
 

旅行であればよく使うお金は写真の範囲かと思われます。

 

50、20、10ペソを用意すべし

たぶん両替すると、写真にある500ペソ紙幣を筆頭に200、100紙幣が合わさって、端数が細かいのでくると思います。

たぶん両替すると、写真にある500ペソ紙幣を筆頭に200、100紙幣が合わさって、端数が細かいのでくると思います。で、何も気にせずお金を使っていると、小銭はじゃらじゃらしてくるのですが、50、20ペソ紙幣が品薄になるのですね。
 
ですが、この50、20ペソ紙幣とが結構重要!(10ペソ硬貨も)なぜならメキシコはチップ社会だから。このチップが思いのほかどんどん出ていきます。これはすぐ慣れるけど、うっかりすると、チップ、と思ったときに渡すお金がない、なんてことになるので用意が必要。
 
大きいのしかなかったり、50ペソ紙幣の次がいきなり5ペソ硬貨とかの細かい小銭で、その間がないと困っちゃう。それに、小さなお店での支払いではおつりがないことも多く、少額紙幣はもっていたい。
 
なので、お金を使う時にちょっと意識して、おつりをもらったら50、20ペソ紙幣は少しためておくといいです。
 

なれないチップとか

 で、用意した少額紙幣や小銭はどんな時に使うかというと。↓のようなかんじ
  • 食事、ホテル、ツアー:基本サービス業の方たちはチップで生活している、と考えるとわかりやすいかな。旅のスタイルによってはこれだけで日に何度もチップを渡す機会がありますね。
  • タクシー:基本チップはいらない。ただ、おつりないと言われることも多いので、料金に近い額を用意したいです。その点、都市部ではuberなんか便利ね。でも、荷物を運んでもらったり、待たせたり、色々回ってもらったりそんなときは渡します。
  • トイレ:チップではないのですが、公共のトイレは有料(5ペソとか)。
  • 駐車場にて:オーライオーライって手で合図するだけの人。別に頼んでないんですけど、しかも目視で余裕なんですど、、、でもメキシコだからチップ。
  • スーパーにて:袋詰めしてくれる人。これも頼んでないんですけど。(でも、袋詰めしてくれる人はお給料はなくて本当にチップだけだからって聞いたことあります)

なれればきっとなんてことないチップの習慣も、なれないとちょっと難しい。。。私も、悪気はないけど渡し忘れてしまったこともあるし、未だにわからないことも多いです。

そんな時は、そばにいる人に聞いたり、周りの人を観察してマネしたり(時として怪しいな)。それだけメキシコでチップは重要。だから、自分の知らなかった場面でチップを渡すときにモタモタしないようにお金の用意をしておくことをおススメします。

 

メモメモφ(..)

  • 少額の買い物で高額紙幣を出すと、おつりがないことあり。
  • 50,20ペソ紙幣は持っていて困ることはない、むしろないほうが困る。
  • サービスがよかろうが悪かろうがチップは忘れずに!

 

 

 

 

関連記事一覧

  1. mate
PAGE TOP