タイ・バンコク国立博物館の日本語ガイドツアーは素晴らしい

National Museum Bangkok

バンコク国立博物館

こちらの国立博物館もとてもよかっです。

在住の日本人のかたが、ボランティアで日本語ガイドツアーをしてくださっているとネットで見たので、これはぜひ!と、9:30目指して行ってきました。

9:00開館なので、ちょっと過ぎた頃に到着するかな~と、余裕をもってお決まりのUBERを呼んだんですけど(-_-;)迎えに来てくれるまでに30分弱、乗り込んでからも途中めちゃくちゃ道路が混んでいて、到着したのは9:35ごろ。

遅くなってしまい、それらしき人達も見当たらず、チケット売り場で聞いてみるも、タイ語が全くわからないためどうにもならず。。。

水曜日と木曜日のみのツアー、この日は木曜日ということで今回は残念だけどあきらめるかな~と思ったそのとき、日本人のご婦人が声をかけてくださいました。

「日本語ガイドツアーに参加したくて来ました」と伝えると、「今出発したばかりだから大丈夫、大丈夫」と言って、すでにスタートしてしまったツアーに合流すべく足早に案内してくださいました(温かくご案内いただき嬉しかったです!ありがとうございます)。

このかたが3人のガイドさんのうちのおひとかたでいらっしゃいました。

 

ボランティアの日本語ガイドさんが素晴らしい

 

副王時代の宮殿のあった、歴史的建物が点在する場所が博物館となっており、それらの建物を展示室として使っています。

壁面に描かれた仏陀の生涯の解説からはじまり、仏像や宗教美術品、食器、楽器、伝統工芸品など様々な展示品から、タイの歴史、王室の歴史に触れらる大変興味深い博物館です。

日本人の女性3名のかたがたがそれぞれ分担されて、説明し案内してくださるのですが、まーこれが、わかりやすく、熱量を感じる説明で素晴らしかった。

仏教美術にそんな関心を持っていなかった私ですが、見ている間に興味が出てくる、出てくる。

私は日本語のガイドツアーっていうのは、すぐに思い出せないほど経験がなくて、どんな感じなのかわかりません。でも、それにしたってこちらのガイドさんたちはすばらいしいです。

タイの歴史の中へ、美術の中へどんどん惹きつけられていきます。

ちょうど今回は、前国王の葬儀にむけ、山車などの修復作業が行われている最中でした。そんな歴史的なときを見学できたこともよかった。

約2時間のガイドツアー終了後、わずかでも知識を得ることができたせいか、さらに興味をかき立てられ、再びひとりでまわりました。(暑くてゆっくり回れないのが残念です)

私が参加した今回は、参加者8人のうち観光者は2人だけ、あとは在住のかたでした。観光で利用されるかた少ないのかな、もったいない!時間あったら超・おすすめの場所です。

 

 

φ(..)メモメモ

・開館時間:9:00-16:00 入場料:200THB
・休館:月・火曜日、タイの祝日
・日本語のガイドツアーは毎週水、木曜日の9:30からです。

 

 

関連記事一覧

  1. Museo de Filatelia de Oaxaca

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP