メキシコ・プエブラ街歩き、ちょっとひと休みにおすすめの素敵な場所~アンパロ博物館

Museo Ampalo

何十年も素通りしていたメキシコのプエブラに初めて立ち寄りました。
なぜだかわからないのですが、理由もなくここだけまるで避けていたようにポッカリ。それが今回、オアハカ滞在最終日の朝、急に思い立ちプエブラ行きを決めました。

そんなわけで、なんの予備知識もなく、下調べもせずに行きましたが、なぜ今まで素通りしてたのか?また訪れたい場所のひとつとなりました。今度は郊外へ足を延ばしたいな(単純)。

Museo Ampalo アンパロ博物館

初日に訪れたこちらの博物館がすばらしくて、ここだけでプエブラに立ち寄ってよかったとさえ思いました。

セントロから歩いてすぐの場所にあるアンパロ博物館。植民地以前の時代から、近代にわたるまでのメキシコの芸術コレクションに触れ、メキシコの歴史を知ることのできる博物館です。

古代メキシコ、先コロンブス時代のアート、ユニークな作品もみられる豊富なコレクションに、副王時代の絵画、調度品などのコレクションと、展示は大きく二つにわかれています。

そのほか、現代アートや、期間限定の展示もあります。幸運にも、私が訪れたときは、ちょうどメキシコの有名な小説家であり写真家でもある【FUAN FULFO】フアン・ルルフォの写真展が開催されていました。

今まで訪れたことのある場所が、ルルフォの収めた写真の中にありました。私が感じたことのない時間の流れと空気感を、写真の中に感じて、すごく惹きつけられ見入ってしまった。

 

2階にある椅子&テーブル

テーブルの上に素敵な本が山積み!パラパラっと本を見ながらゆっくりするといいかも。写真の奥、1階に見えるオブジェはコロンビアのアーティストの作品。この1階のスペースの展示も時期で変わるみたいです。

 

こちらは屋上にあるテラス&カフェ

 

屋上から眺めるプエブラの街並みもよいです。にぎやかなセントロを観光したら、こんな場所でお茶をしながらゆっくりするのもいいですよね。

 

日本と同じなトイレもあります(写真ちっちゃく載せます、スマホだとかわんないな)。博物館に全く興味のないかたでも、日・月曜日はフリーなので、観光の合間の休憩スポットとし使ってもよいのでは。

 

食べ物メモ

セントロからここにくる途中、向かって左側にチューロス屋さんがあります。

Antiqua Churreria de Catedral

昼となく、夜となく、ひっきりなしにお客さんが並んでいました。たぶん、人気店なんだと思う。

「ここのチューロスは美味しいんだよ!」と、店の前で見ず知らずのかたに1本いただき、それでもう十分、美味しかったです!ありがとうございます。

で、私の目当てはなんだったのかというと、コレです↓

Tortaトルタです!メキシコのサンドイッチ、大衆食。中の具材は色々あって、ボリューミィーなのもありますが、私はシンプルなのがすきです。

ちょこっと小腹がすいたとき、連日ヘビーなものを食べて疲れているときなんかにおすすめです。ちなみに、ここはチューロスだけではなく、このトルタも美味しかったです!あ、それからチョコラテ(ホットチョコレート)も!!

φ(..)メモメモ

  • Museo Amparo:オープン10:00~18:00、土曜日:10:00~20:00 火曜日閉館。
  • 入場料:35ペソ 日曜日と月曜日は無料

 

 

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP