ペルーで買ったお土産

自分用に買った料理の本。

ペルー料理大好きなので、このカラーの写真みてるだけで幸せ。この本はミラフローレスにある本屋さんでそれぞれ買いました。

La Familiaという本屋さんのレジで、「日本人ですか?」と流暢な日本語で声をかけられびっくりした!日系です、日本語を勉強しています、と話していた男子学生?もう彼らの世代になると日本語なんて話せないし、興味もないだろうって想像してました。遠いペルーがググッと近くなった瞬間。

で、5件ほど本屋さんに立ち寄ったのだけど、必ず「何かお探しですか?」って聞かれるの、あれは私が観光客だからよね。助かる反面、なんかダラダラ立ち読みできなかった。

バラマキ用のお土産

バラマキ用は2大スーパーMetroメトロとWanウォンで。


(上から)バラマキ用マチュピチュのチョコレート。

味は、、、ヨーロッパものや、日本のレベルの高いコンビニチョコと比べないでね、別物。だけど、パッケージでどこへ行ったかわかる、お土産らしい、日本にはないフルーツのルクマ入り!4粒の個別包装!軽い!もうこれで許して~義理をはたせる一品。(これ空港にも売っていたのだけど、お値段倍以上!!)

(左下)アルファホール

前回好評だったのでアルファホールまた買いました。前に買ったときはもっと簡易的な感じだったのが、ちょっとおしゃれになってた(Wanにて)写真にないけど、他メーカーの手作りタイプもあって、こちらも好評でした。職場の女子達が、「え~っ何これ!キャラメル~粉砂糖~」ってワイワイ作ってました。個人的にも好き、美味しい。

(右下)

それから、友人へのお土産、手袋。自転車乗る時とか、外で遊ぶ時とか、かわいいです。よく旅行中には、めちゃかわいい!と思って日本に帰ってきたら???ってあるけど、これは違うよ。


(上から)お菓子とか

スーパーでは他に、ペルーならではの、チチャモラーダ(紫トウモロコシのジュース)のキャンディー、インスタントのホットチョコレートドリンク(シナモンとクローブ入り)、アヒ・アマリージョなどのソース(ロコトなどを使ったちょっと辛いソース)、お料理用コンソメ、どさくさにまぎれてアメリカのドライフルーツと飴など。写真にはないけど、ビールのおつまみ的なcanchaカンチャというコーンのスナックなどなど、自分用にも色々購入。

(左下)ティッシュ

それから、ティッシュ。いらん!よね、でも使うでしょ。ティッシュ配りのそばに近づいてわざわざもらう人いるでしょ(私の年代以上ですね)嬉しくなくても、消耗品だもの、きっと困らない。それでいいんです。私、お土産買うのほんと苦手。しかも、旅の時間と決断は他のところにつかいたい。全く買わないのもありだけど、そうもいかんときもあり。日本のティッシュとちょっと違うパッケージングとティッシュのテクスチャー。潰れても大丈夫だし、軽いし、なんならスーツケースの中で壊れてほしくないもののクッション替わりにもなる。

おまけ

買い物袋。エコバック?メルカド(市場)で野菜とか買って入れるやつ。ペルーじゃなくてもかわいくてすぐ買っちゃう!クローゼットの中で収納の飾りとして。
夏にスーパー行くとき持ってく、海!ビーチにもぴったりだし、友達にスイカあげるときとか!?最高!

 

φ(..)メモメモ

  • 手袋とかマフラーを買う場合、もしクスコ、マチュピチュへ行くのであれば、そちらで買ってしまってよいと思う。ベビーアルパカとかの日本で使いたいなって感じのはクスコ周辺のほうが豊富でした(私の場合)。
  • 今回は買わなかったけど、シルバーのアクセサリーも嫌いでなければ結構ほしくなります。

 

 

スポンサーリンク

関連記事一覧

  1. Museo de Filatelia de Oaxaca
PAGE TOP