ユナイテッド航空のヒューストン乗り換えでペルーリマへ行く①

ヒューストン空港乗り継ぎ

乗り継ぎってすぐ忘れるね、着いた時のことも忘れるね、φ(..)メモメモ

 

短い乗り継ぎ時間

 

長期の旅だとあまり気になりませんが、日数の短い旅行の場合は、乗り継ぎがギリギリの時間設定だと超ドキドキします。できればスムーズに現地に着きたい。のんびり楽しもうと旅に出たはずが、バケーション気分もぶっ飛ぶ乗り継ぎ時間の短いアメリカ経由、変なドキドキ度を上げないために流れを覚えておくといいかも。

今回も、アメリカ到着から乗継便の搭乗開始時間まで1時間15分という、よくあるパターンの飛行機を利用。

 

では、ここから
飛行機が無事ヒューストンに到着したら(この時点ですでに10分くらいの遅れ)入国審査に向かいます。ここはみんな同じ方向へ向かうのでなんとなく道なりに一緒に歩いていけばよいね。そして、Welcome to Houston のサインが見えてきたところ、その先でVISITOR、U.S. CITIZENと別れるようになっているので、VISITORのほうへまっすぐすすんでいきます。

すると、入国審査入口にはいるので、まずは前方先のほうに見えるATMマシーンみたいな(Kiosk、日本の売店みたいなキオスクじゃないよ)のがあるところへ行って申告書類を作ります。言語は選べて、もちろん日本語もあり安心、パスポートを読み込ませてタッチパネルで質問に答え、写真を撮ったらプリントされたペラ紙が出てくるのでそれを持って長蛇の列に並ぶ。

係の人がいるので、もしわからなければ聞けばいいし、英語がわからなくてもチケットとパスポートを見せれば操作を手伝ってくれたり、誘導してくれたりします。

で、この時点で搭乗開始時刻まで40分くらい、係の人にどのくらいかかりますか?って聞いたら、4,50分ねとのこと。ん?ピッタリ搭乗時間=間に合わないのでは??しかし焦ってもしかたないので、前に並んでいた方と雑談をしながらのんびり(心はのんびりな感じではない)待つ。

ようやく入国審査を終えたのはもちろん搭乗開始時刻を過ぎてから。ちょっと急いで右手に進み突き当りを左へ降り、そのまま道なりに進みターンテーブルを素通りして、エスカレーターを上がると終わり!なわけなくて、いよいよセキュリティチェックへ

セキュリティチェックからリマ到着までは②へ続きます。

 

 

 

 

スポンサーリンク

関連記事一覧

  1. mate
PAGE TOP